お役立ちコラム

GPSを使ったポスティングの効果

ポスティング広告を業者に依頼した際「GPSを使用しています」と説明されることがあったかと思います。ポスティング会社のHPを見ても「弊社はGPSを使用し…」と書かれていることがよくあります。そもそもポスティング会社が勧めるGPSとは何なのか?説明していきます。

https://www.youtube.com/watch?v=TKPexJV0Rl0

1.配布でGPSを使う理由

何故ポスティング会社はGPSを使うのか?大きく3つの理由があります。

  1. 配布員の不正防止
  2. 配布員の作業効率を上げるため
  3. 信用問題の解決

それぞれ詳しく説明していきます。

1.配布員の不正防止

そもそも何万枚を配布して、未配達を探すのは困難です。それを利用し、配布していないにもかかわらず「配布しました」と虚偽の報告をする配布員さんが存在していました。
これは、業界の信用にもつながります。配布員さんにGPSを持たせ配布した軌跡を記録し不正防止を徹底しています。

2.配布員の作業効率を上げるため

配布員さんは各エリアを担当しています。毎週担当するエリアを数日間に渡り配布していきます。そうすると前日配布したところや、一度配布したところが分からなくなる時があります。そんな時GPSがあれば昨日どこを配ったのか?数時間前どこを配ったのか?すぐに確認できるため、配布効率が向上します。また、配布完了後、配布ルートを再確認しもっと早く効率的に配れるルートの検証にも使うことができるためGPSは配布員さんから重宝されています。

3.信用問題の解決

1でも説明したように「ポスティング会社って本当に配布しているの?」を解決するために不正を防ぐのは当然です。しかし、それだけでなくGPSを使った配布完了報告書を提出することで、業界の信用につながります

2.検証に使える

GPSには「いつ、どこに、どのように」配布員が配ったのかが記録されます。その機能を使いマーケティングに応用することができます。主に集客系の広告の場合、店舗から半径何Kmだけで決めていませんか?山や道路、線路などが集客の動線を防いでいることはよくあります。商圏設定にGPS配布を取り入れ最適な商圏を検証していくことをおすすめします。

3.まとめ

どうでしたか?今までは、GPSを取り入れるのには高額な予算が必要でした。そうしたことから導入しているポスティング会社は少なく、ただ配るだけのポスティング会社が多く存在しました。スマートフォンの普及により、配布員さんのスマートフォンのGPSをアプリと連動して配布管理を行うことは、今のポスティング業界では浸透しつつあります。ですから、今後ポスティング会社を選ぶ際には参考にしてみてください。

ポスティングに関するお問い合わせ

部数・配布エリア・販促物の制作も幅広くサポート!

お気軽にご相談ください。


かんたん入力、1分で終了!

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

TEL0957-56-8759

営業時間:平日9:00-17:00(電話受付:nps株式会社)